スタッフが求められる

総合病院で働くスタッフには、看護師や医師などその他大勢がいます。入院施設のある大きな病院では、患者の数に合わせてお世話するスタッフが多く必要なのです。特に最近は高齢化が進む影響で、スタッフが多く求められています。総合病院勤務は激務であることからスタッフの出入りも激しく、スタッフの確保のためにあらゆる対策が行われています。 その対策の1つとなっているのが、病院内保育です。この病院内保育は、子供が生まれたスタッフの育児支援のために、職場で設けられた保育所です。これを利用すれば、仕事をしながらの育児がスムーズにできます。 この病院内保育は認可外となりますが、その費用は一般的な認可外の保育所の相場と同じところが多いです。だいたい1ヶ月で1人当たり約3万円となり、その中には食費なども含まれています。大きな保育所とは違って少人数制となりますが、目の行き届いたサービスで安心できる保育所となっています。

この病院内保育を利用するにあたって複数の子供がいる場合などは、費用が少々負担となってきます。兄弟そろって入所させる場合、2人目以降からは費用が安くなるケースが多いですが、それでも大きな費用となります。また、1人だけでも負担となる事情もあるので、利用しやすい費用が求められます。 このようなことから、病院内保育所運営費補助事業という支援を受けることによって費用が安くなる場合があります。これらは病院などの施設がその支援を申請し、対象となる保育の規定が設けられています。この支援は、病院内保育で働く保育士の人件費や施設の維持費などの補助となります。そのため、保育の利用料が安く抑えることができるのです。 こういった支援により、病院内保育が活発に行われるようになりました。スタッフのために働きやすい職場を目指して、今後も病院内保育はさらなる普及が期待されています。