保育施設の一つ

事業所内保育とは会社の近くや敷地内にある保育施設のことを指します。 会社の近くにあるので、送り迎えも便利ですし、体調不良等のトラブルがあればすぐに駆け付けられるのがメリットです。また休憩時間には子供の様子を見ることができるので子供にとっても親にとってもお互いを身近に感じることができます。ワーキングマザーにとっては心強い制度です。 仕事に復帰したいものの、一般の保育所は定員がいっぱいで空きがなくても、事業所内保育があれば早期復帰が可能です。これは働きたい女性にとっても企業にとっても大きなメリットとなります。 利用料は施設によって様々ですが通常の保育園と同様3万円〜5万円が相場のようです。 これなら保育所の待機期間中も一般の保育所とさほど変わらない料金で利用できるので助かりますね。

事業所内保育は一般の保育所と同様、0歳児にかかる費用が一番高額で、年連が上がるにつれてその価格は下がっていくので安心です。 また事業所内保育を導入する企業側には行政からの補助金が交付されます。しかし補助金を足しても企業側の持ち出しが多いのが現状です。さらにこの補助金には期限があり永続的に支給されるものではありません。 出産後も働く女性の増加により一般の保育園も定員増が求められています。事業所内保育も同じです。 働く女性を支援するには必要不可欠な制度なのです。ですから事業所内保育に対する補助金も期限をなくす、あるいはもっと増額して支給されれば、その数はもっと増えるでしょう。そうすればより多くの女性が出産しても仕事を辞めなくて済むので、事業所内保育の補助金の拡大が今後の課題だと言えます。